職場の孤独を吹き飛ばそう

一本立つ木

孤独は体に悪いだけでなく、生産性を下げる

前米国公衆衛生局長官のベビック・マーシー氏の論文「『職場の孤独』という伝染病」が話題になりました。
米国の成人の4割が孤独を感じている、という調査結果は衝撃的でした。
日本でも、2011年の産業能率大学の調査で、職場で孤独を感じることが、「よくある」、「時々ある」と答えた人が3割、「たまにある」まで入れると6割という結果でした。
ペンシルバニア大学の論文では、孤独が生産性を下げるという実証研究も発表されています。
2つの職場で672人の従業員と、114人の上司による調査から、孤独感が大きいと、仕事のパフォーマンスが低下することがわかりました。

関係性を密にするには

前出の産業能率大学の調査で、孤独を感じるのはなぜかという質問の回答です。

  • 自分のことしか考えていない人が多いから
  • メンバーの関係性が希薄だから
  • 世代のギャップがあるから

が各3割を超えていました(複数回答)。
一方、ハーバードビジネスレビューでは、「社内交流イベントの負の効果」も指摘しています。
「強制的な交流の場は、えてして人が基本的に持っている心理的な傾向のために、うまくいかない場合が多い」と。
孤独をなくすには、「交流させる場を作る」よりも、「今の職場をあたためる」ためにできることを考える方がよさそうです。

職場の雰囲気は上司が決める

これはあくまで私の私見ですが、カギは上司だと感じます。
新人~若手時代、私の上司は常にメンバーの様子に気を配る方でした。
元気がないと、さりげなく、「今日元気ないね、何かあった?」と声をかけてくれました。
ほんの一言でも、自分を気にかけてくれている、と思うととてもうれしく感じたものです。
一方孤独を感じた時、もしくは同僚から「不安だ」と相談された時を思い出すと
上司から、声をかけてもらえない日が続いている、というのが一番だと思います。
自分が嫌われている、もしくは認められていないのではないか、と不安になります。
そんな不安も、上司が笑いながら声をかけてくれれば吹き飛ぶのです。
上司の皆さん、まずは朝、目を合わせて、笑って「おはよう」と言いましょう。
できれば午前中に、メンバー一人一人に声をかけましょう。
「どうよ、調子は?」と言って、顔色を見てください。
メンバーは安心して仕事に集中できると思います。

この記事を書いた人

重次泰子

重次泰子

熊本県出身。
慶応義塾大学、経済学部卒業。
銀行で8年勤務し、その後4年ほど2人の子育てに専念。
その後シンクタンクで11年派遣社員(嘱託研究員)、2年間研究員として勤務。
この間、コーチングに出会い、学ぶ中で、「メンバーの幸福度とチームの成果の両方を引き上げる仕組みづくりはないか」という問題意識を持ち、Gallup認定ストレングスコーチ資格を取得。

2018年10月「リソース活用ラボ」開業。
(一財)生涯学習開発財団認定プロフェッショナルコーチ
ギャラップ認定ストレングスコーチ

詳しいプロフィールはこちら