資格は取れなくても気にしない、学ぶのが好き、「学習欲」の資質の人

学ぶ体験やプロセスが好き

常に何かを学んでいる人がいます。
それも、単に本で学ぶだけでなく、実際に英会話教室や料理教室に行って体験しながら学ぶ。
「学習欲」の資質を上位に持つ人です。
さぞかし沢山の資格を持っているだろうと思いきや、意外とそうでもない。
資格を取ることが目的ではないのです。
試験に落ちてもあまり気にしない。
知らないことを知る、出来なかったことができるようになる、そのプロセスが好きなのです。
自分がわかる、出来るという感覚が嬉しいので、ある程度学んでその感覚が薄れてくると、飽きてしまいます。
モノになる前に、次のことを学び始める。
せっかくなら資格など、学んだ証を残せばいいのに、ちょっと残念・・・・

謙虚で、新しい分野に抵抗がない人

「学習欲」の資質の人は、「自分はまだ途上」という意識が強いので、とても謙虚です。
沢山学んでいるのに、知ったかぶりするような態度はとりません。
自分の知らない分野について、常にオープンな姿勢で臨みます。
新しい担当に就くとその分野のことを学ぶ。
営業職に就くと、お客さんについて学び、求められるサービスを提供することができます。
チームや家族にいてくれると、一緒にいて気持ちが良いし、とても心強い。
常に学び続けるので、見た目も若々しく、実に生き生きとしています。
学習欲は途切れることのない、内なるエネルギー。
人生を楽しむ達人、と言えるかもしれません。

自分が「学習欲」が上位なら

今の時代は成果を求められる時代です。
そんな中で、結果や成果を重視しない「学習欲」の資質の人の学び方は、批判を受けることもあるでしょう。
でも、何の罪悪感も持つ必要はありません。
学ぶことで、心が豊かになり、生き生きと過ごせるなんてすばらしいことです。
自信をもって自分が学んでいることを、他の人に伝えましょう。
アウトプットすることで、「学ぶ」行為が、さらに意味のあるものになります。

この記事を書いた人

重次泰子

重次泰子

熊本県出身。
慶応義塾大学、経済学部卒業。
銀行で8年勤務し、その後4年ほど2人の子育てに専念。
その後シンクタンクで11年派遣社員(嘱託研究員)、2年間研究員として勤務。
この間、コーチングに出会い、学ぶ中で、「メンバーの幸福度とチームの成果の両方を引き上げる仕組みづくりはないか」という問題意識を持ち、Gallup認定ストレングスコーチ資格を取得。

2018年10月「リソース活用ラボ」開業。
(一財)生涯学習開発財団認定プロフェッショナルコーチ
ギャラップ認定ストレングスコーチ

詳しいプロフィールはこちら