仲間という無形資産のありがたさ

今日は仲間が主催する法人研修に、サポートコーチとして参加しました。
「手伝って!」の呼びかけに、6人が参集。
普段はそれぞれの立場でスキルを磨き、必要に応じて集まる仲間です。
とても有難い存在。
こういう仲間は、リンダ・グラットンが「ライフシフト」で主張する、まさに無形資産です。
気持ちを前向きにしてくれる、友人、すなわち活力資産。
仕事に必要なスキル(生産性資産)をつけるときに力になってくれる存在。
新しいステージに挑戦する能力(変身資産)をサポートしてくれる存在。

私自身も、周りの人たちに、「あなたは私の資産だ」と言ってもらえるよう、自分を磨き続けなければと思います。

この記事を書いた人

重次泰子

熊本県出身。
慶応義塾大学、経済学部卒業。
銀行で8年勤務し、その後4年ほど2人の子育てに専念。
その後シンクタンクで11年派遣社員(嘱託研究員)、2年間研究員として勤務。
この間、コーチングに出会い、学ぶ中で、「メンバーの幸福度とチームの成果の両方を引き上げる仕組みづくりはないか」という問題意識を持ち、Gallup認定ストレングスコーチ資格を取得。

2018年10月「リソース活用ラボ」開業。
(一財)生涯学習開発財団認定プロフェッショナルコーチ
ギャラップ認定ストレングスコーチ

詳しいプロフィールはこちら