「20歳の自分に受けさせたい文章講義」を読んで、「書くこと」の意味を考える

明快でわかりやすい本

ブログ教室の最後に、大東さんことモノクロさんがプレゼントしてくださった本です。
「話すことは好きだが、書くことは苦手」な私にうってつけの本でした。
特に印象に残っていることは3つ。

  • 「書く」のではなく、頭のぐるぐるを「翻訳する」
  • すべての文章には主張が必要
  • 読者を意識する

この3つのポイントについて深く考えていくと、自分が何のためにブログを書くのかがはっきりしてきました。

頭のぐるぐるを「翻訳」するために話す

ます、書くためのテクニックです。
頭の中にあることを話すことで、再構築、再発見、再認識ができて、自分の考えがわかる。
これは腹落ちしました。
自分の声を聴くことで考えがまとまる、オートクラインの効果に似ています。
一つのエピソードを思い出しました。
子育てに専念しているころ、毎日同じことの繰り返しで悶悶としていました。
自分は進歩しているのか、この生活にどんな意味があるのか?
今でこそ笑って振り返れることですが、当時の自分は出口の見えないトンネルにいるような気分でした。
ある夜、夫に1日の出来事を話しました。
話すのは得意なので、公園に行った、駅に行ってバスを見た、バスの運転手さんがちょっと乗せてくれた、などをストーリーにして話します。(再構築)
夫が一言、「とても楽しい一日だったんだね」。
そこで、はたと気が付きます。今日は「楽しい」材料が沢山あったのだと。(再発見)
変わり映えしない一日だと思っていたけれど、よく考えれば、とても面白い一日だったのかも。(再認識)
話すことで頭の中が翻訳され、自分の答えが見つかる経験でした。
これをやれば書けるのだな、と腑に落ちました。

自分の主張は何か

すべての文章には主張が必要。
反発が恐ろしいなら書くべきでない。
ブログを書く側に回ることの意味を問われた気がしました。
さて、自分の主張は何なのか。
「すべての人が、自分のリソースを活用して、活き活きと豊かに生きる社会になってほしい」
ブログの題名そのものです。
そのために、

社会や組織がどうあるべきなのか。
一人一人ができることは何か。

それを追求し、ヒントになることを発信したい。
同じ問題意識を持っている人とつながり、アイディアをもらいたい。
そのためにブログを書くのだと再認識しました。

読者は誰か

これはあまり意識していませんでした。
自分は誰に向かって書いているのだろうか。

まず、自分を活かしたいのに、うまくいかずにモヤモヤしている人。
ビジネスマン、ビジネスウーマン、子育て中の女性、学生、立場はいろいろだと思います。
そういう方たちにエールを送りたい、そっと背中を押したい、そんな気持ちです。

次に、組織の中核にいるリーダー層。
敢えて、今のままでいいんですか?と問いかけたい。
もっと人を活かし、強い組織にするためにこんな視点を持ってください、そんな内容を発信したい。
色々なことを確認させてくれました。

この本は、単に文章を書くための本ではありません。
何のために書くのか、何を主張するのか、誰に向かって書くのか。
発信する側に来た自分に、多くのことを認識させてくれる、とても意義のある本でした。

この記事を書いた人

重次泰子

重次泰子

熊本県出身。
慶応義塾大学、経済学部卒業。
銀行で8年勤務し、その後4年ほど2人の子育てに専念。
その後シンクタンクで11年派遣社員(嘱託研究員)、2年間研究員として勤務。
この間、コーチングに出会い、学ぶ中で、「メンバーの幸福度とチームの成果の両方を引き上げる仕組みづくりはないか」という問題意識を持ち、Gallup認定ストレングスコーチ資格を取得。

2018年10月「リソース活用ラボ」開業。
(一財)生涯学習開発財団認定プロフェッショナルコーチ
ギャラップ認定ストレングスコーチ

詳しいプロフィールはこちら