モチベーションと行動のギャップを考える

モチベーションは高いけど・・・

先日、「小さな習慣」を読んで以来、3つのことを続けています。

ブログを3行以上書くこと。
筋トレを5分すること。
1つ断捨離すること。

今のところ、何とか続けています。
というか、かなり頑張って、続けています。
「やる気はあるけど行動が続かない」人を卒業したい。
モチベーションと行動のギャップを痛感しています。

苦労せず続けることができる人もいる

毎日ランニングをしないと気持ち悪い。
1年間は続けると決めたので、続けている。
「規律性」を持っている人は、ルーティーンとして続けることができます。
イチロー選手もおそらく持っているのではと言われています。
毎日続ける力はすごい。
英単語も、筋肉も、読書も、勉強も、続ければ何かを成し遂げることができます。
「規律性」も、「達成欲」も低い私は、ひたすらハードルを下げて、行動するしかない。
どんなにモチベーションが高くても、行動に結びつかなければ、目標を達成できないのです。

子どもや部下には、どう対処する?

「規律性」の資質がないので、私はアプリを利用しています。
毎日同じ時間に、携帯が鳴ります。
「お忙しいとは思いますが、日々の生活を見直してみませんか?筋トレ5分」というメッセージが来ます。
「はいはい、やります」と言いながら筋トレをやり、よし、今日もできたぞと満足します。
ある時、はたと気が付きました。
「やる気はあるのか?なぜやらないんだ?」とアプリに言われたらどうだろうか。
「やる気のないやつに言ってもダメだな」などと畳みかけられたら・・・・
自分はダメな人間だ、と自分を責めるか、なんでそんなことを言うのかとイラつくか。
いずれにしても、ざわざわして気持ちよく行動はできないでしょう。
人への対処の仕方も同じだと気付きました。
アプリと同じように、きっかけづくりの声掛け程度が良いのかもしれません。
「いつまでテレビ見る?」
「15分過ぎたよ」
部下なら、「資格の勉強、頑張ってる?」など。
さらっと。
モチベーションと行動は一致しない、そう認識するだけでも、対処の仕方は変わると感じました。

この記事を書いた人

重次泰子

熊本県出身。
慶応義塾大学、経済学部卒業。
銀行で8年勤務し、その後4年ほど2人の子育てに専念。
その後シンクタンクで11年派遣社員(嘱託研究員)、2年間研究員として勤務。
この間、コーチングに出会い、学ぶ中で、「メンバーの幸福度とチームの成果の両方を引き上げる仕組みづくりはないか」という問題意識を持ち、Gallup認定ストレングスコーチ資格を取得。

2018年10月「リソース活用ラボ」開業。
(一財)生涯学習開発財団認定プロフェッショナルコーチ
ギャラップ認定ストレングスコーチ

詳しいプロフィールはこちら