ストレングス・ラボ基礎コースにサポートコーチとして参加しました

川添むつみさんイラスト

サポート・コーチデビューです

昨日と今日、ストレングス・ラボの基礎コースに、初めてサポートコーチとして参加しました。
この講座は、ストレングス・ファインダーの34の資質を理解することを目的としています。
遠方から泊りがけで来られた方もいました。
皆さん、目的はそれぞれです。
自分を理解し、自分の資質を活かす方法を知りたい。
職場のコミュニケーションをよくするためにストレングス・ファインダーを使いたい、など。
自分の意志で、学びに来る方たちのエネルギーは高い!
一方、ストレングス・ラボを主宰する森川さんの熱量も、いつもどおり、すさまじい!
皆さんの期待に応えるべく、私も久々に全身を「耳」にして集中しました。

無意識の成功体験を意識する

自分の上位資質トップ5は、自分にとってはあまりに「当たり前」で意識しないものです。
そこをしっかり強みとして意識することからスタートします。
皆さん、資質の解説を聞き、「そういえば自分もこんなことがいとも簡単にできた。」
「みんなができると思っていたけど、そうじゃないんですか?」
皆さんが、自分の資質について証言すると、あちこちから、「えー?そうなの?すごい!」の声が上がります。
自分の「天才性」を意識する瞬間です。

資質を理解すると、人にやさしくなる

自分にあまりない資質を深く理解すると、周りにやさしくなります。
例えば「活発性」の資質を持つ人は、メールしたら、とにかく早くレスポンスが欲しい。
メールをもらった「共感性」の人は、相手の要望に応えるために、しっかりした内容の返事をしなければと考えます。
メールも長文になり、それでも内容がこれでよいか不安なので、レスポンスが遅くなります。
イライラする「活発性」、
なかなか返事が出せない「共感性」、
職場でのストレスが高まります。
互いの資質を理解すると、それが軽減されます。
「共感性」の人は、「活発性」の人に、「受け取りました、検討して改めて返信します」と返します。
「活発性」の人は、「共感性」の人がじっくり考えたいのだな、と理解するので、落ち着いて返事を待ちます。
「○○さんはレスポンスが遅い!」ではなく、「○○さんの共感性が働いているな」。
「○○さんはすぐイラつく」のではなく、「○○さんの活発性がせっつくのだな」。
お互いを非難するのではなく、資質が働くからだ、と考えることができ、優しくなれるのです。

「自分を活かす」は「人を活かす」

一つ大きな発見がありました。
皆さん始めは「自分が成功するために、上位の資質をどう活かせるか?」とおっしゃいます。
しかし、その背景をよく聞いてみると、本当は後輩のため、家族のため、仲間のため、ということが多いのです。
みんなが自分の強みを人のために使う。
周りを優しくする、とても素敵なことだと思いました。

写真は、イラストレーターの川添むつみさんが描かれた、資質説明の一部です。

この記事を書いた人

重次泰子

重次泰子

熊本県出身。
慶応義塾大学、経済学部卒業。
銀行で8年勤務し、その後4年ほど2人の子育てに専念。
その後シンクタンクで11年派遣社員(嘱託研究員)、2年間研究員として勤務。
この間、コーチングに出会い、学ぶ中で、「メンバーの幸福度とチームの成果の両方を引き上げる仕組みづくりはないか」という問題意識を持ち、Gallup認定ストレングスコーチ資格を取得。

2018年10月「リソース活用ラボ」開業。
(一財)生涯学習開発財団認定プロフェッショナルコーチ
ギャラップ認定ストレングスコーチ

詳しいプロフィールはこちら